2020/04/11 21:18

密閉容器を使用したクローズドテラリウムの作り方の説明です!

クローズドテラリウムは、苔の種類選びさえしっかりすれば、作りやすく、
初めて苔テラリウムを作るにはおすすめです。

ちょっと長くなりますが、参考にしてくださいね。

今回はこちらの制作キットを使用して作ります。


一応こんな感じのものが、できます。


今回はブラウンの石を使いますが、黒い石を使用したキットもありますよ。


霧吹きや水差しに加えて、簡易的なピンセットやスプーンもついていますので、
基本的にこのキットで事足りますが、
普通のものでよいので、割り箸とハサミ、ティッシュだけご用意くださいね。

ツール類はすでにお持ちの方の方は、ツールなしのこちらで十分でしょう。


さて、早速はじめます。まず土台作りです。
ガラス容器を開けて、スプーンで土を入れていきます。
土の深さは一番前が3-4cmくらいがよいかなと思いますが、1cm以上あれば特に決まりはありません。

ある程度土をいれたら、大きめの石を配置していきます。
小さめの石は後でも大丈夫です。とりあえず置くだけでもOK。


大体の配置が決まったら、後ろ側にさらに土をいれ、前から後ろにかけて坂にしてあげます。


横からみるとこんな感じ。
後ろを盛り上げた方がカッコよく見えますし、石も安定します。
土を入れながら、石の位置も調整していきましょう。
石は後で動かせないので、じっくり考えてくださいね。


これでよし!となったら、水差しで土を湿らせていきます。
表面全体がしっかりしめるよう、満遍なくかけてください。
目安は20mLくらいでしょうか。目盛りもついています。
水をかけたら、必ず1分くらい触れずに待ちましょう。


1分くらいしたら、土が締まるのですが、時々フワフワした部分が残るので、
割り箸の裏側を使って、軽く抑えてください。
軽ーくですよ!
土がフワフワしていると、苔が植えにくいので、軽く固めています。
苔を植えている間も、土が崩れてしまったら、同様に固めなおすと良いです。


さて、これで土台が出来上がりました!


さて、ここに苔を植えていきます。

セットについている苔は3種類。
洗浄と消毒が済んでいるので、そのまま使えます。
どれもクローズドテラリウムに使いやすい苔です。

キットにはヒノキゴケとオオシラガゴケは必ず入っています。
残りの一種は、タマゴケかムチゴケ、どちらかを選んでいただきます。

タマゴケは人気の苔ですが、暑さに弱いので、5月以降は定着しにくくなります。
夏の間も涼しい場所における方以外はムチゴケをお選びください。
ムチゴケは一年を通しておすすめできます。


パックを開けておくと、けっこうすぐ乾いて縮れてくるので、
時々霧吹きをしてあげながら作りましょう。


さて、ようやく植え付けです!頑張っていきましょう。


まずヒノキゴケ。茶色い葉っぱはとってしまいましょう。
一本ずつバラしてしまっても大丈夫です。
まずは4本前後、束ねて植えるのが良いかなと思います。
束ねる時は頭や苔の流れの向きを揃えてあげるほうが植えた時にきれいに見えます。


ちなみに晩秋から初夏くらいまではこんなツンツン、ツルツルしたものが混ざることがありますが、これは新芽です。
気づかず捨てないで、これも植えてあげましょう。


束ねた上で、長すぎる分部分は切り落としてしまします。
1cmくらいは土に植え込むので、
植えたい高さ+1cmくらいのところで切ると良いです。
ヒノキゴケに限らず全ての苔同じように考えてください。


指で苔の基部をまとめてつまみます。


さて、ここが一番のポイントでもありますが、ピンセットで苔をつまみます。
ピンセットはキットに付属のものは簡易的なピンセットなので、ちょっと使いにくいです。
もうちょっと良いものが欲しい時は、2種類ピンセットを用意していますので、こちらがおすすめです。
ざっくり言うと、束ねて植えるか、一本ずつなど、チマチマ植えるかで使い分けます。

束ねるて植える場合はこちら。
今回はヒノキゴケ、タマゴケ、ムチゴケはこちらで植えています。
今回の内容ではこちらのピンセットがおすすめです。

チマチマ植えたい時はこちら。
実は苔教室で精密な作業が多いので、こちらのピンセットを使うのが普通です。
今回の用途だと、ヒノキゴケの新芽、オオシラガゴケはこちらがおすすめです。
一本だけ植えたり、調整したい、と言うような時は圧倒的にこっちがよいです。


さて、植え方に戻りますが、
ピンセットを指の間を挟み込むようにして苔の束をつまみます。
この時大事なのは

・ピンセットの先端と、苔の基部先端を合わせる
・苔の茎と並行にピンセットでつまむ

この2つです。
これができていないとうまく土に挿せません!
ピンセットの先端よりも苔がでているとうまく植えられないので気をつけてくださいね。
アップでご覧ください。


これを、植えます。垂直にすっと、植えます。
1cmは土に挿しましょう。浅過ぎるとちょっと触っただけてぽろっととてれしまします。
1cmって意外と深いです。深く挿し過ぎるぶんには問題ないのでおもいきって!



ピンセットを抜く時に苔がついてきてしまう時は、指や、割り箸を軽く苔の根元に添えてあげるとよいでしょう。


タマゴケも同様に植えてます。
つまみ方はこんな感じ。


ムチゴケはこんな感じ


オオシラガゴケは一本ずつがよいと思います。
これについては、別売ピンセットは細いタイプの方が個人的には好きです。


挿し終わりました。何箇所かに分けて植える方が賑やかになって、個人的には好きです。


植えている途中でも良いし、最後でもよいのですが、小石や化粧砂は適宜入れていってください。
砂を入れる時は、上から落とさず、瓶を傾けて入れたいところにスプーンをできる限り近づけて入れてあげてください。
こぼすと大変ですので気をつけて!


そんなこんなで、できあがりました。


霧吹きで土を落としてあげたら、ティッシュでガラス面を拭きます。
蓋を閉めてできあがり!
このままでももちろん素敵ですが、フィギュアを入れてみても楽しいですよね。

フィギュアもいろいろ揃えてますよ〜!


今回は、植え付けのポイントまでしっかりやりましたが、
クローズドテラリウムは湿度で維持されるので、実際のところ、しっかり植ってなくてもどうにでもなります。
ということもあり、初めて挑戦するには作りやすくおすすめなんですね。

ですが、いろんなところに書いていますが、クローズドテラリウムは苔の種類選びがとても大切!
商品ページにある「クローズドテラリウム向けの苔」を使ってください。


こんなに公開しちゃっていいの!?というくらい細かく説明してしまいましたが(^^;
まだまだここではお伝えしきれてなことがたくさんありますので、
ぜひ、鎌倉の苔むすびワークショップにもいらしてくださいね!

もっとちゃんとやりたい方向けに、教室も開催しています!